憧れの豪華客船 ダイヤモンド・プリンセスの旅 番外編

今回、初めての大型客船の旅をしてみて、便利だったこと、こうすればよかったと思ったことなど
次回のために、また初めて乗船される方のために、覚え書きとして残しておこうかと思います。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7d5b.jpg

まずは荷物について。
今回のツアーはフォーマルナイトを2回含む8泊9日。
荷物の量が半端ないです。
特に女性は普段着の他に、スマートカジュアルとフォーマルドレス、靴にバッグにアクセサリー
化粧品やら何やらとにかく荷物が多くなります。
そのために今回、一番大きなスーツケースを購入しました。
そして二人分の大小取り混ぜた荷物4個をどうやって船まで運ぶかです。

前もって船に送ることは可能です。
でも一個につき送料5千円ほどで、しかも一週間前くらいには送らなくてはならないのです。
それなら当日車で荷物ごとターミナルまで行き、帰ってくるまで駐車場に留めておこうということになりました。
私は午前中仕事でしたが、主人は仕事もないので朝早めに出発し、大桟橋の下の駐車場に無事とめることができました。
ただし、平日だったから余裕でしたが、休日だと観光客の車で早いうちから満車になる可能性もあるため要注意です。

駐車料金は1日1000円の計算なので、1日目の朝から9日目の朝までで8000円ですみました。
帰りも荷物をすぐに積んでそのまま家まで車で直行。
めちゃめちゃ楽ちんでした。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7cf1.jpg


荷物についてもう一つ書き留めておきたいこと。
船内にコインランドリーがあることは知っていましたが、様子がわからず。
もしも数が少なくて使いたくても使えなかったら困ると、洗濯することを想定せずに多めの衣類を持って行きました。
主人はパンツ8枚きっちり用意
私は使い捨て紙パンツも少し持って行きました。
でも心配無用でした。
コインランドリーは客室のあるフロアのほぼ各階にありましたし、数はそれほど多くはないものの、私たちが使おうとした時はどれかしら空いてました。
船内では運動もして汗をかくことも多く、予定よりも洗濯物が出たのでコインランドリーはとても重宝しました。
洗濯することを想定していれば荷物も少し減らせたかもしれません。

ただし注意すべき点は、できれば洗剤は持って行った方がいいということ。
自動販売機でも買えるのですが英語表記のみで、最初どれが洗剤でどうやって買えばいいのか四苦八苦。
その場にいたベテランさんに教わりながらなんとか購入できました。
しかも割高です。
できれば使い慣れた洗剤と柔軟剤を持って行った方が楽だし経済的です。



UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7d36.jpg


船内では現金はほぼいりません。
乗船時にクレジットカードを登録し、各自にそれに連動したクルーズカードというものが渡されます。
そのカードは部屋の鍵でもあり、船内での買い物も全てそれでできます。
全ては最終日に清算されクレジットカードで引き落とされます。

ルームメイキングやレストランのスタッフへのチップについては、あらかじめ乗客一人につき1日14.5ドルが課せられていて、その総額から各スタッフに割り振られるようになっているのでその度に必要はないのです。
チップとしての総額も最後の清算でクレジットカードから引き落としです。
ただし、イレギュラーで部屋係に何か頼んだりした時、別にチップを渡したい時もあるかも。
その時のために少額のドルは持っていた方がいいかもしれません。


UNADJUSTEDNONRAW_thumb_7ba6.jpg


最後に、持って来れば便利だったなぁと思ったものリストです。

⑴ 加湿器
客室はすっごく乾燥してます。
油断しているとお肌がパリパリです。
携帯用の加湿器を持って来ればよかったなぁと何度思ったことか。

⑵ 水着
単に忘れただけなのですが、プールは寒くて入れないしいらないかなぁと思っていたのも事実。
でもジャグジーや有料だけど大浴場のジャグジーでも必要。
持っていくに越したことはありません。

⑶ 箱テイッシュ
洗面台にテイッシュはありますが、ベッドサイドや部屋のドレッサーにはありません。
数日過ごすのでドレッサーにティッシュがあると便利だと思いました。
私は沖縄に寄った時にコンビニで購入しました。

⑷ ラップ、水筒
細かいことだけど・・・
ビュッフェレストランの食事や飲み物は自由に部屋に持ち帰って食べることも可能です。
そんな時ラップがあると便利かなと。
部屋まで長い廊下やエレベーターを利用するので。
飲み物といえば水筒のようなものもあると便利ですね。
コーヒーやアイスティーなども水筒に入れて部屋に持ち帰れます。
マグカップだと途中こぼしそうで不安だし。
   
⑸ 携帯用おしり洗浄器
これは人それぞれですが
スイートクラス以外の部屋のトイレは洗浄機付きではありません。
普段それに慣れてしまっている方は持っていると便利かもしれません。


逆に持って行ったけど必要なかったもの。

差込口が複数ある電源タップ
何かで主人が読んだとかで、船室の電源は数が限られているのでスマホの充電とかで取り合いになるとか。
で、電源タップを用意して行ったのですが、私たちの部屋はドレッサーにもベッドサイドにそれぞれあったので不便を感じませんでした。
ただし部屋のタイプによってそれは異なるかもしれません。




最後に

クルーズは船で観光地に行くというよりは、船旅そのものを楽しむものだとあらためて思いました。
寄港地の滞在時間は意外に短いので観光はおまけみたいに考えた方がいいです。

とにかく船内でめいっぱい楽しむこと!
そのためには事前のリサーチと毎日のタイムスケジュールの把握は必須です!

船内はとにかく広くて、初日はどこに何があるのかもなかなか把握できず。
3〜4日目にやっと行きたい場所にいかれるようになりました。
今回初めて乗船したことによりあらためて知ったことも多く、その経験を活かしてまたそのうち乗船できたらと企んでいます。

あと、クルーズ中は食べたいものを制限なく食べていた割には、意外にも恐れていた体重の増加はありませんでした。
でもよく考えてみたら、目的の場所に行くため船内の端から端までよく歩いたし、ダンスや運動などもよくしていて、むしろ普段より動いていたのかも。
ということで、クルーズ中は好きなものを食べて、よく遊んで、めいっぱい楽しむのがベストですね






追記 2020,2,12

たった2ヶ月前に夢のような楽しい体験をしてきたばかりなのに、現在のダイヤモンドプリンセスの置かれている現状に心が痛むばかりです。
今、乗船されている方々も終盤に差しかかるまではとても楽しい経験をされていたはずなのに、それが一変し、想像できないほどの不安で不自由な毎日を過ごされていて、さぞや辛いことと思います。
そしてクルーの皆さまも感染のリスクがあるという同じ立場にありながら、連日乗客のお世話をされていて、プロとしての意識の高さに心から尊敬いたします。
2ヶ月前に乗船した時の、クルーの皆さんの元気で明るくてフレンドリーな姿が思い出され、切なくなります。
1日も早くダイヤモンドプリンセスの置かれているこの状況が快方に向かうことを陰ながら願っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

なおこ
2019年12月23日 18:07
いつか私もクルージング行ってみたいです。
ブログ、参考にします😀
suming
2019年12月23日 19:41
>なおこさん
はい!
絶対おすすめです。
仲良しのお友達とでも楽しそうですね。