Suming Diary

アクセスカウンタ

help RSS 箱根吟遊  北斗

<<   作成日時 : 2009/06/09 10:51   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

箱根吟遊「北斗」のお部屋です。

実は先日行ったばかりなのに、また行ってしまったんです。
なにしろ予約は一年前にするため、予定がどうなるかわかりません。
というわけで、少し日をあけて2日分の予約をとっておいたんです。
近くなったらどちらか一方に決めようと思っていたのですが、思いがけなく母が行きたいと言うので、後半の日程は母と二人で行きました。
ほんと贅沢ですよね。なんか申し訳ない
でも幸せでした



「北斗」のお部屋は3階にあります。
部屋の間取りは「渓風」とはまた違って楽しめました。

このお部屋にはダイニングと和室の他にフローリングのコーナーがあります。

画像


ダイニングからバルコニーの方を眺めたところ。
フローリングには大きな観葉植物が置いてあり、他のお部屋よりリゾートっぽい感じです。



画像


振り返ってダイニングを見たところ。
なんか落ち着く空間ですよね。癒されます



画像


和室です。
相変わらず広い空間です。



食事は前回と同じでない方が良いですか?と宿の方から確認され、連泊の方に出す二日目の料理を配慮していただきました。

すべては載せませんがこんな感じのメニューです。

画像




画像




画像




画像


写真がぼけちゃいましたが、今回は石焼でした。吟遊の定番ですよね。



画像


そして今回はご飯のかわりに鱧梅雑炊でした



画像


デザートは「フルーツポンチ 胡麻ココナッツミルク」だそうです。
なんか斬新でした



画像


翌朝のメニューも多少変わっていたみたいです。



最後に、いつも入らずじまいの湯処「松風」へ続く路です。
ここも静かで雰囲気があって良いのですよ。
でも「松風」ってずっと離れにあっていつも誰もいないので、一人で入るのがちょっとこわいんです

画像




今回、母は吟遊初めてでしたが、いたく気に入った様子。
食事は斬新すぎて口に合わないものもあったようですが。
足の悪い母は、部屋の露天風呂が手軽に入れて便利だったようで、珍しく日に何度も入っていました。

実は今回は母の姉(私の伯母)も誘っていたのですが、急な用事で行かれなくなったので、来年一緒に行きたいと予約を入れました。
来年も元気で旅行できる事を願って。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
おぉ!凄いですね!羨ましい〜!
そうか・・念の為の二日分の予約をする事もできるんですね
本当・・一年も前に予約するのだから何があるかわからないですもんね!
私もちゃんと行く事ができるか・・当日になって、行けるーッと思いましたよ♪
今度はお母様と行かれたんですね!お母様も喜んでいらっしゃったようで良かったですね
北斗のお部屋も素敵ですね!
フローリングの空間があるのも良いな〜♪
また全然違う雰囲気ですね!
北斗のお部屋は3階?・・私たちが来年の予約をしたのは3階?・・あれ?2階だったかな・・母に確認してみましょ〜(^o^;)
ori
2009/06/09 21:30
お食事が全然違う雰囲気ですね!
ご飯の代わりに雑炊だなんて〜♪
デザートの器、私が食べたデザートもこの器でしたよ〜
朝ご飯も全然違う感じなんですね!
離れの湯にも行ったんですね♪・・本当、離れの方はちょっと一人では行きにくい感じですよね〜
今度は伯母様も是非、行けると良いですね!
sumingさんは『吟遊』の洋室には泊まったことがありますか?
洋室もとても気になるのですが・・聞いたところ、全部ダブルベッドだとか?・・私は母と行くので〜・・母とダブルベッドはちょっとねぇ(;^。^A・・とか思ってしまうんですが〜???
ori
2009/06/09 21:31
そうなんです。贅沢して来ちゃいました。
「渓風」の部屋は吟遊のスィートルームとでも言えるほど本当に広くて景色も堪能できて最高のお部屋でしたが、「北斗」の雰囲気もまた違って素敵でした。
oriさんの泊まったお部屋もきっと違った良さがあるのでしょうね。

洋室は泊まった事ないんです。
ほとんど主人と行きますが、私たちもダブルベッドは寝返りとか気になっちゃって苦手なのです。
洋室の雰囲気はまたがらっと違って楽しそうですけど、カップル向きでしょうかね。
天涯付きのベッドの部屋もあるとどこかのブログで見かけましたよ。
一方、一階の部屋はお庭に露天風呂があるので、またかなり贅沢そうです。お値段も一番張るのでは?ここもいつかは泊まってみたいものです。
Suming
2009/06/10 20:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根吟遊  北斗 Suming Diary/BIGLOBEウェブリブログ
[ ]